ヴァンティームメール:ヴァンティーム・マトノ

vol.37 勝沼のワイナリー訪問

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヴァンティーム・マトノ  インフォメーション
http://www.vintime.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

皆様へ
いつもお世話になっております。
カタルーニャでは栗とさつまいもで作ったパネレッツがお菓子屋さんに並び、週末になると焼き栗の屋台がでています。甘い食後酒ムスカテルとともに楽しむそうですよ。まもなく11月、ワインの新酒解禁季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?



☆ 真殿 和賀子のヨーロッパライフ
現地ヨーロッパでのワイン・食・文化・などの話題をご紹介しております。

【勝沼のワイナリー訪問】

9月下旬、日本のワイン発祥地山梨県甲州市の勝沼を訪問しました。
1877年勝沼の2人の青年がフランスへ留学し、本場のワイン醸造技術を持ち帰りその後日本のワイン造りが本格的に発展したと言われています。
日本の代表的な白ワインのブドウ品種甲州は、約50%が甲州市で醸造されています。
甲州ブドウは淡い紫かかったピンク色で、適度な酸味と渋みが特徴のあっさりした味わいです。
近年ではヨーロッパのワインコンクールで入賞するなど、寿司や天ぷらにあう日本のワインとして海外からも注目されています。
今回は1899年創業で勝沼ワインの草分け的存在の蒼流葡萄酒(株)(ソウリュウブドウシュ)を訪問しました。
オーナーの鈴木社長にワイナリーを案内していただきました。
ワイナリー内で、ちょうど収穫したばかりのぶどうを除梗機に入れ、ぶどう果汁を搾る工程をみることができました。ワインを熟成させるためのステンレスタンクは昔から使われてる日本製と最新のイタリア製があります。昔からのタンクは温度調節ができないので、地下水で、昼夜温度を管理し熟成させていたそうで、最新のタンクは温度調節ができ、品質管理に手がかからず安定した生産になったそうです。
樽の貯蔵庫は、最適な温度と湿度で保たれていて、甲州種のぶどう果汁を樽に入れ、酵母により発酵させていました。樽の近くに寄ると樽の口から「ポコポコ・・・」と透明な液体が見え、まるでぶどうがつぶやいているようです。これが半年位樽熟成され、瓶詰されワインになるそうです。
ワインの瓶詰の工程ではいかに酸素をぬいてコルクを打つことや、コルク臭のないワインを造りなどの工夫でワイン造りが行われています。
また、ワインの中に細菌がいないかどうかを独自の方法でフラスコや顕微鏡など確認しているそうでワイン醸造のこだわりがうかがえました。
続いては自社のブドウ畑へお邪魔しました。広大な敷地には、棚造りで造られる淡い紫かかったピンク色の甲州ブドウがたわわに実っています。棚は私と同じくらいの高さで、すぐ頭上のぶどうからは甘い香りが漂っています。全て手摘みのため、作業しやすい高さの棚を作っているそうです。
一通り見学させていただいた後は代表的な甲州ワインを試飲させていただきました。
「シュール・リー」はワインのおりの中に含まれるうまみ成分をワインに取り込み造られたワイン、「樽熟成」は数ヶ月の樽熟成を経て辛口甲州種として仕上げたワイン、「シトラスセント」は甲州の柑橘系のアロマをひきだし造られたワインです。甲州ブドウのほのかなで上品な甘味と控えめな酸味がそれぞれの製法で最大限にひきだされており、軽やかで飲み心地のよい味わいは、お箸の食事に似合うワインです。10年ぶりに訪問した勝沼で、味わい深くなった甲州ワインに出会え、嬉しくなりました。また秋になったら勝沼を訪問したいと思います。





☆お箸に似合う甲州ワイン・甲州ヌーヴォー追加しました♪
http://www.vintime.jp/list/index.html

☆間もなく解禁!ボージョレ・ヌーヴォー・世界のヌーヴォー♪
http://www.vintime.jp/list/index.html
ヴァンティーム・マトノではヨーロッパ3ケ国の新酒とカリフォルニア・日本(甲州)の新酒を11月お誕生日の方への贈物に・季節の贈物にもどうぞ!

☆11月〜12月のイベントインフォメーションをUPしました♪
http://www.vintime.jp/info/index.html

☆クリスマス・冬限定ベルギービール
世界にひとつしかないチェリーホットビール【燗専用ビール】季節限定商品の御案内はこちらから
http://www.vintime.jp/beer/index.html
チェリーピンク色をしたビールは昔、ビール通が好んで飲んだ冬のビールの飲み方を再現したリーフマン醸造所の自信作をどうぞ!


☆「ワインのベイビー モスト」®―ワインになる前のぶどう果汁100%の味わいを贈りましょう!
http://www.vintime.jp/list/index.html

☆ヴァンティームメールバックナンバーはこちらから♪
http://www.vintime.jp/mail/backnumber.html

お問い合わせ・ご注文おまちしております。

ヴァンティーム・マトノ
真殿和賀子